ITパスポート試験 過去問 WEB学習

ITパスポートのための過去問学習サイトです。採点機能がついていて、正解率から理解度をチェックできます。

平成28年度 春季 問40

システム開発プロジェクトのテスト工程において、各担当者が報告書をチームリーダに提出し、チームリーダがそれらの内容をまとめてプロジェクトマネージャに報告している。次の報告ルールを定めているとき、チームリーダの報告として適切なものはどれか。

[報告ルール]

  • 各担当者は、担当する機能のテストの進歩率を報告書に記載する。
  • 各担当者は、遅れがあるときに、その原因と対策内容を報告書に記載する。
  • チームリーダは、各担当者の進抄率の適切さを確認した後、それらを集約して全体の進歩率を求め、計画との差異、今後の見通しを報告書に記載する。
  • チームリーダは、遅れがあるときに、担当者にヒアリングを行い、原因と対策内容の妥当性を確認する。また、他チームへの影響を分析し、対応策と期限を報告書に記載する。
  • ア.進歩に遅れのある担当者の報告だけを報告する。
  • イ.担当者の報告をー覧化したものだけを報告する。
  • ウ.担当者の報告を集約し、進抄に遅れがあるときはチームリーダの見解を加える。
  • エ.チームリーダの期待する進歩に合わせて担当者の進歩率を補正する。

平成28年度 春季 問39 « 前へ

次へ » 平成28年度 春季 問41