ITパスポート試験 過去問 WEB学習

ITパスポートのための過去問学習サイトです。採点機能がついていて、正解率から理解度をチェックできます。

平成28年度 春季 問18

組立生産される製品W, X、Y、Zの1個当たりの利益、1個当たりの組立作業時間,組立作業1分当たりの利益、1週間の最大生産可能数は表のとおりである。1週間の利益を最大にするように生産計画を立てるとき、製品Zの生産個数は幾つか。ここで1週間の総組立作業時間は40時間であり、製品W, X、Y、Zの全てを生産する必要はなく、同時には一つの製品しか組立生産できないものとする。

  • ア.0
  • イ.8
  • ウ.20
  • エ.45

平成28年度 春季 問17 « 前へ

次へ » 平成28年度 春季 問19