ITパスポート試験 過去問 WEB学習

ITパスポートのための過去問学習サイトです。採点機能がついていて、正解率から理解度をチェックできます。

平成28年度 春季 問9

大手システム開発会社A社からプログラムの作成を受託しているB社が下請代金支払遅延等防止法(以下、下請法)の対象会社であるとき、下請法に基づく代金の支払いに関する記述のうち、適切なものはどれか。

  • ア.A社はプログラムの受領日から起算して60日以内に、検査の終了にかかわらず代金を支払う義務がある。
  • イ.A社はプログラムの受領日から起算して60日を超えても、検査が終了していなければ代金を支払う義務はない。
  • ウ.B社は確実な代金支払いを受けるために、プログラム納品日から起算して60日間はA社による検査を受ける義務がある。
  • エ.B社は代金受領日から起算して60日後に、納品したプログラムに対する A社の検査を受ける義務がある。

平成28年度 春季 問8 « 前へ

次へ » 平成28年度 春季 問10