ITパスポート試験 過去問 WEB学習

ITパスポートのための過去問学習サイトです。採点機能がついていて、正解率から理解度をチェックできます。

平成27年度 秋季 問32

プロジェクトを進めるためのチーム編成の方法には、作業場所をーか所に集約して全員が集まる方法、作業場所を集約せずにWeb会議やインスタントメッセンジャな どで連絡を取り合う方法などがある。技術者が限られている特殊なプログラム言語を採用したシステム開発プロジェクトの遂行において、作業場所をーか所に集約する方法と比較して、集約しない方法の利点のうち、最も適切なものはどれか。

  • ア.対象技術者が育児中、海外駐在中などのメンバであっても参画させやすい。
  • イ.チームメンバ間で対面での簡単な打合せが実施しやすい。
  • ウ.プロジェクトのリスクを特定することができる。
  • エ.プロジェクトマネージャを参画させることができる。

平成27年度 秋季 問31 « 前へ

次へ » 平成27年度 秋季 問33