ITパスポート試験 過去問 WEB学習

ITパスポートのための過去問学習サイトです。採点機能がついていて、正解率から理解度をチェックできます。

ITパスポート試験 申し込み~合格発表

ITパスポート試験の申込から合格発表までを簡単に説明しています。詳しくはITパスポート試験公式サイト(以下公式サイト)をご覧ください。

ITパスポート試験について

ITパスポート試験 申し込み~合格発表

ITパスポートはITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。
2009年の開始以降累計応募者数が50万人以上となり、学生・社会人と幅広い層が受験しています。

指定会場でパソコンを利用して試験を受けるCBT(Computer Based Testing)方式を利用して、年間を通じて受験することが出来ます。

資格取得のメリットとしては、試験勉強を通してIT関連の知識だけでなく、情報セキュリティ・企業コンプライアンス・経営戦略等などの幅広い知識が身に付きます。
学生の場合は就職活動で知識を証明し、自己アピールに役立てられます。

試験の形式

全国の試験会場で、CBT(Computer Based Testing)方式により随時実施しています。CBT方式とはパソコンを用いた試験で、画面に表示された問題をマウスやキーボードを用いて解答します。

当サイトの演習もCBTに似せた画面構成になっていますが、公式サイトCBT疑似体験ソフトウェアページでWindows用の実際の試験と同じCBT模擬体験ソフトウェアを配布していますので、受験前に体験しておくことをお勧めします。

また、身体の不自由等によりCBT方式で受験できない方のために、春期(4月)と秋期(10月)の年2回、筆記による方式の試験も実施されています。

申し込み方法

公式サイトの受験申込みページより申し込みできます。

受験手数料の支払い方法及び受験申込時の時間により、予約可能な試験日が異なりますので注意してください。
試験時間は会場により異なりますが、3つの時間帯(午前・午後・夕方)で実施しています。

受験手数料は、5,100円(消費税込み)になっています。
ただし、平成28年4月1日以降は5,700円(消費税込み)に改定されるようです。
支払い方法は、クレジットカード・コンビニ決済・バウチャーを選択できます。

受験申し込みが完了したら、確認票・領収書も公式サイトからダウンロードしてください。

詳しくは公式サイトの受験申込手順をご覧ください。

合格基準

試験内容

ITパスポート試験の試験内容と合格基準は以下のようになっています。
3月からは試験内容が変わり、中問がなくなりすべて小問になります。試験時間も45分短縮されます。ご注意ください。

試験時間:
平成28年2月実施の試験まで 165分
平成28年3月実施の試験から 120分 ←変更後

出題数:
・平成28年2月実施の試験まで 100問
 小問:84問
 中問:16問(1中問につき4小問出題)
・平成28年3月実施の試験から
 小問:100問 ←変更後

出題形式
四肢択一式

出題分野
ストラテジ系(経営全般):35問程度
マネジメント系(IT管理):20問程度
テクノロジ系(IT技術) :45問程度

合格基準
総合評価点、分野別評価点のすべてが次の基準を満たすこと

総合評価点 600点以上/1,000点(総合評価の満点)

分野別評価点
 ストラテジ系  300点以上/1,000点(分野別評価の満点)
 マネジメント系 300点以上/1,000点(分野別評価の満点)
 テクノロジ系  300点以上/1,000点(分野別評価の満点)

配点について

100問で1000点満点なので、1問10点と思われそうですが、そうではありません。
配点は発表されていませんが、総合評価は100問中92問(ストラテジ系32問、マネジメント系18問、テクノロジ系42問)で評価され、残り8問は今後出題する問題を評価するために使われ点数には入らないようです。

どの問題が点数に入らない8問か分かりません。そのため演習でギリギリの正解率だと合格の可能性が低くなるので、最低でも総合評価の正解率7割以上を目指しましょう。

そのうえで、分野別評価点がそれぞれ1000点中300点以上とあるので、分野別の問題がそれぞれ30%以上正解していなければ合格基準に達しないということになります。
具体的には評価対象の問題でストラテジ系で11問以上、マネジメント系で6問以上、テクノロジ系で14問以上正解しなければなりません。

仮にストラテジ系とテクノロジ系で全問正解して得点が700点だったとしても、マネジメント系の正解率が30%未満だと不合格になります。

また、先ほども書いたように8問は評価対象外なので、例えばマネジメント系で7問正解してもそのうちの2問が評価対象外の問題だと不合格になります。
分野別でも苦手分野であっても最低40%以上の正解率を目指して学習してください。

合格発表

合格発表は試験の翌月の中旬です。合格証書は発表から1週間後くらいに発送されます。
詳しくは公式サイト合格発表ページをご覧ください。

関連:ITパスポート試験 出題範囲

スポンサーリンク