ITパスポート試験 過去問 WEB学習

ITパスポートのための過去問学習サイトです。採点機能がついていて、正解率から理解度をチェックできます。

採点機能付きのITパスポート試験WEB学習サイト

実際のCBT試験に似た画面で過去問の学習が出来ます。スマホやタブレットでも使用できますので、通勤・通学中などの空いた時間に是非使用して試験合格のためにお役立てください。

ITパスポート試験 過去問 WEB学習を使ってみる

採点機能付きの過去問学習を試してみる
(ランダムに出題された10題)

 →→ 

最新の2016年秋季の過去問を試してみる
(100題全問)

 →→ 

出題する問題の種類と出題数を選択して学習する→WEB学習(到達度チェック)

WEB学習の使い方→WEB学習の使い方

 重要  平成28年3月5日に試験内容が変わりました

ITパスポート 過去問 WEB学習

2016年春までの試験は、小問84題中問16題で合計100題という構成でしたが、3月5日からは中問が廃止され100題すべてが小問で出題されるようになりました。

中問が廃止されれば難易度は下がりそうですが、その代わりに165分だった試験時間が120分と45分短縮されます。

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)のプレス発表によると、「従来よりも受験しやすくすることで、iパスのさらなる活用を促進し、わが国全体のITリテラシー向上とIT人材の裾野拡大への一層の寄与を目指します。」ということです。

時間は短くなりましたが、難易度は実際に下がっています。素早く解答するために、過去問題を何度も演習して問題に慣れることが合格への近道となりそうです。

このサイトの概要

ITパスポート試験は、平成21年度春から始まった情報処理技術者試験で、経済産業省が認定する国家資格です。情報処理技術者試験の中では初級レベル(レベル1)に位置づけられています。

CBT(Computer Based Testing)方式という指定会場でパソコンを使って受ける試験方法を取っていて、年間を通して受験できます。また、年に2回身体の不自由等によりCBT方式で受験できない方のために、筆記による方式の試験も実施されています。

このサイトは、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)が公開している過去問題を利用し、実際のCBTに似せた画面で学習が出来るようになっています。

スポンサーリンク